加工工場所有設備

クランクシャフト焼入設備

富士電子工業のクランクシャフト焼入設備は、焼入時にワークが回転し、偏芯するピン部をコイルが追従しながら加熱するワーク追従方式を採用しており、高品質・短納期をお約束します。

  • 量産用

    定格出力 670kW
    周波数 10-50kHz

    富士電子工業が長年培ってきた技術を惜しみなく搭載した段取り替え時間を最大限削減したハイスペックな全自動焼入設備です。
    生産性が高く、高品質で且つ短納期を実現します。

  • 大型用

    定格出力 670kW
    周波数 10-80kHz

    長さ:2800mm 重量:250kgまで対応可能です。
    1箇所ずつ焼入を行うためイニシャルコストが低く、多品種少量品や試作等に最適です。

  • 汎用・試作用

    定格出力 670kW
    周波数 10-80kHz

    自動車・農機・建機・船舶・発電機などの各種クランクシャフトに対応できる汎用焼入設備です。コイル・治具の段取り替えと位置調整を行うことで、様々なクランクシャフトに対応できます。

カムシャフト焼入設備

  • 定格出力 450kW
    周波数 10-30kHz

    タッチパネルに偏芯量を入力すれば、あらゆるカムに対応できるコイルの偏芯機構を備えた汎用設備の為、試作・開発に迅速に対応できます。→タッチパネルで偏芯量を入力できるコイル偏芯機構を備えており、あらゆるカムに対応できるため、試作・開発に迅速に対応できます。

ドライブシャフト焼入設備

  • ドライブシャフト焼入設備
    定格出力 670kW
    周波数 10-80kHz

    富士電子工業が独自に開発したワークに合わせて長さを調節できる半開放ラバーコイルを使用し、イニシャルコストを抑えた試作や少数ワークの加工にも対応できます。

ボールジョイント・トリポートジョイント焼入設備

  • 軸用

    定格出力 500kW
    周波数 10-70kHz

    ワークを回転させながら半開放コイルでの一発焼入を行います。多段軸のコーナー部の焼入もオーバーヒートすることなく均一な焼入層を形成します。

  • ボール溝用

    定格出力 500kW
    周波数 10-70kHz

    マルチターンコイルを使用し、理想的な焼入を施します。また、短時間加熱が可能なため、歪が小さく、さらに内面焼でありながらコイル寿命は20万ショット以上に及びます。

  • トリポートジョイント用

    定格出力 500kW
    周波数 10-70kHz

    専用の2ターンコイルによる焼入はワークとのギャップ誤差の影響が少なく、本加熱の直前に予熱することで、加熱量の変化を最小限に抑え、各溝の焼入硬化層深さを一定にできます。

浸漬噴射焼入設備

(加工ワーク:大型・小型ギヤ、インナー・アウターレース、クロスローラーベアリングなど)
 

  • 最大径φ1800

    出力 1100kW/800kW
    周波数 10-100kHz/10kHz以下
  • 最大径φ630

    出力 670kW
    周波数 10-80kHz

大型から小型ギヤまで全周を一気に加熱し、直後にタンク内にて浸漬噴射冷却することで、歯底までムラのない均一な硬化層を実現できます。また、安定した品質で短納期納入が可能です。
半開放コイルを用いたシーブ溝の焼入やワーク端面の面焼入も可能でリヒート機能も充実しています。
しかも安定した品質で短納期納入が可能です。→また、安定した品質で短納期にも対応可能です。

大型ベッド焼入設備

(加工ワーク:ベッド、コラム、大型スクリューなど)

  • 最長15M・最大重量40t

    出力 1100kW
    周波数 10-100kHz

    国内最大級の大型部品の焼入加工設備です。
    コイルとワークのギャップを一定移動焼入できる自動追従機構を併せ持ち、お客様の大切なワークを1個たりとも無駄にしません。

横移動焼入設備

(加工ワーク:大型ボールねじ、ケーシング、溝型ガイドレールなど)

  • 最長6M・最大径φ200

    出力 670kW
    周波数 10-80kHz

    長尺ボールねじでも歯底までしっかり入った均一な硬化層が形成可能で、支えローラにより低歪の品質を実現しています。

  • 最長2M

    定格出力 670kW
    周波数 10-80kHz

    溝型ガイドレール焼入の主要加工設備。独自のコイルにより、低歪の品質を保証しています。

  • リニアガイドレール

    定格出力 670kW
    周波数 10-80kHz

    高速送りを可能とする機構と独自のコイルにより、硬化したい部分のみを均一に焼入できる低歪のワークをご提供できるのは国内で富士電子工業のみです。

縦移動焼入設備

(加工ワーク:スピンドル、主軸、大型・小型シャフトなど)

  • 最長1.2M

    出力 100kW
    周波数 30kHz
  • 最長0.6M

    定格出力 50kW
    周波数 200kHz

大型から小型、複雑形状や段差のあるシャフトまで柔軟に対応できます。
富士電子工業の独自コイルなら、これまでできなかった高品質を実現できます。

一発焼入専用設備

  • インタミシャフト

    出力 150kW
    周波数 90kHz

    1台の発振器・設備で焼入仕様の異なる複数機種のワークを左右のステーションで同時並行処理できます。

  • アッパーシャフト

    定格出力 500kW
    周波数 10-70kHz

    複数箇所の焼入を必要とするワークに、並列ステーションで効率的に量産対応できます。

  • インプットシャフト

    定格出力 200kW
    周波数 100kHz

    焼入①・焼入②・リヒートを実施する3つのステーション間をロボットによる自動搬送で短時間処理を可能とし、量産に対応します。

テンパー炉

  • 最長7M

  • 最長3M

多品種少量から長尺ものまで様々なワークを焼き戻しできる設備が整っています。

インデックス式焼入設備

(加工ワーク:スタッド、ピンヨーク、ブッシュなど)

  • インデックス式焼入設備
    出力 230-420kW
    周波数 20-80kHz

    小物ワーク4個まで同時加熱を可能とし、短納期量産対応します。

pagetop