高周波焼入のお話

第3話なぜ熱処理が必要なのか・2

今回は、焼入を施す目的についてお話しします。焼入を施すメリットは第2話でお話しした通りですが、その目的は、各部品の用途によって違います。例えば、切れ味、疲労強度や耐摩耗性を向上させる目的があります。
一つ目の切れ味向上については、刀鍛冶をご存知の方はイメージをしやすいのではないでしょうか。刀鍛冶では、真っ赤に熱した鉄をたたき、一気に冷やすことで硬度を向上させます。この焼入を刃先のみに施すことで、刃先の強度が増すのです。

続きはこちら目的その2:疲労強度の向上
pagetop