高周波焼入とその他の熱処理との関係

高周波焼入は、短時間処理のため歪みも小さく効率の良い熱処理方と言えます。
また、処理時間が短いため、サイクルタイムも短縮できます。
高周波焼入は消費エネルギーが少なく、制御性にも優れた焼入方法です。
高周波焼入は、設備費は窒化処理と同等であるが、より深い硬化層を実現します。
また、消費エネルギーが少ないため、ランニングコストは節約できます。
pagetop