Fujidenshi Identity

高周波の装置メーカーであること。
単品・量産の焼入受託加工を続けていること。
前例のない焼入試作を引き受けること。

すべては お客様の明日の競争力を下支えする ために

すべてを、ひとつの場所で

富士電子工業。
すべてを、ひとつの場所で。
私たちは創業以来、大阪の八尾という街で
高周波焼入の受託加工と、高周波装置の製造を
続けています。

高周波焼入の「命」である加熱コイル。
様々なサイズの銅パイプを 切断し、曲げ、巻き、
最適な形にしていきます。
技術継承とコストの問題から、この工程を機械加工 と外注に頼る会社が多い中、私たちは社内で、
あくまで職人の手によって産み出していくことにこだわり続けています。

すべてを、ひとつの場所で
すべてを、ひとつの場所で

装置技術。
高周波熱処理装置の設計・製作には、極めて専門的な電気と機械の知識・技術・経験が必要です。
設計から組立て、試運転、現地SV、アフターフォローまで、すべて社内の技術者が責任を持って担当し、装置づくりを行っています。

高周波焼入。
受託加工と試作の現場では、日々、様々な形状・サイズのワークを焼入しています。
量産立ち上げ時の条件出し、一品物の焼入品質を保証するのは、創業以来継承されてきた、職人による焼入技術と経験、そして科学的知見です。

すべてを、ひとつの場所で
すべてを、ひとつの場所で

ダイバーシティ。
私たちは、部署、国籍、年齢、性別に関わらず、ほとんどの社員が2級以上の熱処理技術者(高周波)の資格を保有しています。
海外との交渉や、輸出入業務も、社内のスタッフで円滑に行うことができるのです。

コイルづくり、装置製造、高周波焼入加工、試作、海外とのやりとり。
それぞれの知識と経験がひとつの場所に集まり、
日々、新たな技術を生み出しています。

すべての業務を、ひとつの場所で。

それが「最高峰のIHソリューション」を実現できる理由です。

すべては お客様の明日の競争力を下支えする ために。

pagetop