社長の言葉

富士電子工業は、創業以来50年以上、IHを利用した熱処理設備やその他多くの
応用技術に取り組んで参りました。
その間、技術を大事にする企業として、従来からある適正な方法に拘りつつ、一方で
常に新しいものにもトライして参りました。
一貫して目指してきたのは、その技術が理に叶った方案であるかということと、
同時に独自性や特殊性があるか、ということで、それ故、業界の中のある分野では、
オンリー1企業と知られるようにまでなりました。

一方で、この10年近く、技術と営業の戦略的融合を目指し、ただお客様の要望に応えようとするだけではなく、次の時代のお客様の競争力に寄与できる企業であろうと努力して参りました。

そして、これからは、第4次産業革命のツールであるIoTなどの技術を使い、さらに
その技術を安定的に供給するべく、予防保全など次のご提案につなげられるような企業を目指したいと考えております。
そのためにも、中長期的な観点で、次世代の人材の育成、協力企業との連携など、
めまぐるしく変わる世の中であっても、多様の価値観を受け入れ、共に力を出し合える
土壌を醸成したいと考えております。

どうか、今後も弊社の進む姿を見守って下さいますよう、心からお願い申し上げます。
必ずやその期待に応えられるよう精進努力して参ります。

pagetop